オンライン歯科相談(無料) | ホーム
大阪市福島区福島7-19-13マトバビル3F 予防歯科の上領歯科医院
TEL.06-6458-2577(予約制)

ホーム > 新着お悩み相談 > 虫歯,銀色の詰め物

MEDICAL INFOMATION
患者様の声
ホワイトニング
ジルコニアクラウン
金属アレルギー
虫歯予防
歯がとける酸蝕歯
テトラサイクリン変色歯
妊娠と歯の健康
歯槽膿漏
親知らず
顎関節症
マグネット総入れ歯
小児歯科
マウスガード
インレー(つめもの)
漂白・ラミネートベニヤ
クラウン(かぶせもの)
ブリッジ,ウオルセラム
エステショット,部分入れ歯
スマイルデンチャー
矯正歯科

CLINIC INFOMATION
医院紹介・アクセス
院長プロフィール

ONLINE COUNSELING
新着お悩み相談
オンライン歯科相談(無料)

APPOINTMENT
オンライン予約(初診・再初診のみ)

LINKS
リンク集

受診申込書
事前に受診申込書をプリントアウトし、各項目をご記入いただきご持参いただくと、もれなく粗品を進呈いたします。
受診申込書を表示 (PDF)
PDF形式の閲覧にはアドビ社のAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビ 社より 無償配布されていますので、以下のバナーをクリックし、ダウンロードしてください。
Adobe PDF logo



2007年6月1日 茨城県 29歳の女性

顎関節症について、質問させていただきます。
 顎関節症について、質問させていただきます。

 <現在までの経過>
 2007年1月
 朝、起床時に左顎がひっかかって開かなくなる日があった。30分くらいすると、開くようになる。その時、歯科医に相談し、レントゲン撮影をしてもらうと、関節円板のずれはないということでした。その後、通常通りの生活を送れる。
 3月:妊娠の判明
 悪阻によるストレスからか、左顎周辺のこわばりで口が開かない。歯科医に行き、ホットパックによって口が開くようになる。起床時、口が開きにくいが、ホットパックによって解消する。レントゲンは、とっていません。
 5月上旬
 口を大きく開けると、指2本ほどでとまる。その後、右にずらして口を大きく開けるようになる。
 <現在>
 1.歯科医院に通院し、夜硬いマウスピースをして寝ています。朝おきたとき、顎周辺が若干楽になります。
 2.口を大きく開けると、指2本ほどでとまる。現在は、下顎をすべらせる感じで口を大きく開けています。
 3.現在カイロプラクティックに通い、咀嚼筋の緊張と頚椎の歪みを治してもらっています。筋肉の緊張はほぼとれました。
 <先生への質問内容>
 1.私の場合、「復位を伴う」ものと「復位を伴わない関節円板の前方転位」のどちらでしょうか。現在の歯医者は、レントゲン撮影をしていないため、分からないということでした。
 2.「復位を伴わない」場合には、関節円板が正常な位置に戻るのは、難しいのでしょうか。
 3.「復位を伴わない」場合には、先生の円板整位運動療法は効果がないのでしょうか。
 4.先生の円板整位運動療法について、
 (1)口を開けるときと閉めるときは、どれぐらいの秒数をかけて行ったらよいのでしょうか。
 (2)円板整位下顎位は、どれぐらいの秒数の間静止していれば良いのでしょうか。
 大変お忙しい中、申し訳ございません。宜しくお願いいたします。

顎関節質問票
 1-C口を開けると関節に音がする = 左
 1-D口が開けにくい = 左
 2-年最初に異常にきづいたのはいつ頃からですか = 2007
 2-月 = 1
 3最初に異常にきづいた時は = 今とは違う症状
 3-D口が開けにくい = 左
 3-Eその他 = 口が開けにくいが、しばらくすると口が開くようになる。
 4口が開けにくい = はい
 4-D途中で引っかかる感じがするが、それ以上開けられる = 左
 4-Fその他 = 口が蛇行することがある。
 4-年開けにくいと感じたのはいつ頃からですか = 2007
 4-月 = 5
 4-日前 = 20
 4-(3)開けにくくなる直前で、大きく開けることができた時に、関節がカクカク鳴っていましたか = 左

 こんにちは上領歯科医院の上領哲也です。
 ご自身の今までの症状や、経過を非常に詳細に書いておられるので、助かります。
 それではそれぞれのご質問にお答えしていきます。
 1.復位を伴うか伴わないか、
 関節円板は顎骨などのようないわゆる硬組織ではなく、軟組織ですので、普通のレントゲンでは見ることはできません。MRIを撮影する必要があります。ですから円板が前方に転位しているか、していないかは分かりかねます。しかし今現在の開口量の指二本ぶんより、以前の方が大きく開口できておられたのであれば、円板が前方に転位している可能性は大きく、そのため、復位を伴わないケース、と考えられます。しかし、顎を横にずらすとまた大きく開口できるとのことですので、左側は前方に転位しているが、右側は転位していないかもしれません。 
 2.貴方の場合、症状が現れてから約4〜5ヶ月経過しているため、関節円板自体が変形してきているかもしれませんから、円板を正しい位置に戻すのは、比較的(?)難しいかもしれません。開口するのに著しく困難を感じられたり、痛みを伴うのであれば、関節内洗浄や、パンピング・マニュピレーションと呼ばれる小外科処置を行う必要があります。
 3.円板整位運動療法について
 もし円板整位運動療法を行い、それによって大きく開口できるようであれば、ぜひ行ってください。閉口にかける時間などはそれほどきになさらず、円板がずれないようにそっと行ってください。

CLINIC INFOMATION
上領歯科医院(健康保険取扱い)
〒553-0003 大阪市福島区福島7-19-13マトバビル3F[詳細マップ]
TEL.06-6458-2577(予約制) FAX.06-6458-2563 
診療時間
平日.AM9:00〜PM1:00 PM2:00〜PM7:00
土曜.AM9:00〜PM1:00
休診.日曜・祝祭日


Copyright (C) 2004-2006 KAMIRYO DENTAL CLINIC. All rights reserved.