オンライン歯科相談(無料) | ホーム
大阪市福島区福島7-19-13マトバビル3F 予防歯科の上領歯科医院
TEL.06-6458-2577(予約制)
ホーム > 新着お悩み相談 > 上唇小帯の付着異常と年齢における率
MEDICAL INFOMATION
患者様の声
ホワイトニング
ジルコニアクラウン
金属アレルギー
虫歯予防
歯がとける酸蝕歯
テトラサイクリン変色歯
妊娠と歯の健康
歯槽膿漏
親知らず
顎関節症
マグネット総入れ歯
小児歯科
マウスガード
インレー(つめもの)
漂白・ラミネートベニヤ
クラウン(かぶせもの)
ブリッジ,ウオルセラム
エステショット,部分入れ歯
スマイルデンチャー
矯正歯科

CLINIC INFOMATION
医院紹介・アクセス
院長プロフィール

ONLINE COUNSELING
新着お悩み相談
オンライン歯科相談(無料)

APPOINTMENT
オンライン予約(初診・再初診のみ)

LINKS
リンク集

受診申込書
事前に受診申込書をプリントアウトし、各項目をご記入いただきご持参いただくと、もれなく粗品を進呈いたします。
受診申込書を表示 (PDF)
PDF形式の閲覧にはアドビ社のAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビ 社より 無償配布されていますので、以下のバナーをクリックし、ダウンロードしてください。
Adobe PDF logo



2005年3月20日 大阪市福島区 3歳の男の子
3歳の子供のことです。「上唇小帯や舌小帯を積極的に切りましょう」と言った考え方の先生と「舌小帯の話はしたくない」と言った対極した考え方の先生と出会い、中立的に意見をもらうにはどのような所で診断を受ければいいのでしょうか?
 3歳の子供のことですが、鼻で息をせず口で息をしているように見えます。
 赤ちゃんの頃から口を開けて、よだれの多い子でした。
 今でも唾液が多く流れ落ちることがあります。
 口で息をしているのが原因なのか風邪を月に一度はひいています。
 日頃、お世話になっている助産院の先生に聞いてみると上唇小帯が関連しているのでは?と言われました。
 慢性鼻炎などは上唇小帯を切ると改善されたり、舌小帯の癒着がある場合はそれを切るとアレルギーが改善されたりすると説明を受けました。
 以前、小児科にて舌小帯の話をすると、すごい嫌悪感を持たれてしまい、タブーな話しだったのかと思った経験があります。
 ですから、「上唇小帯や舌小帯を積極的に切りましょう」と言った考え方の先生と「舌小帯の話はしたくない」と言った対極した考え方の先生と出会い、中立的に意見をもらうにはどのような所で診断を受ければいいのでしょうか?
 また、上記のように説明を受けた内容はいかがなものなのでしょうか?
 上領歯科医院の上領 哲也です。
 3歳のお子さんですか、一番かわいい時期ですね。
 月に一度ぐらいも風邪をひかれているのですか、お母様はさぞ大変なことですね。
 お母様のご指摘どうり、口呼吸がかなり影響しているかもしれませんね。
 なぜなら、空気中には埃や細菌やウイルスや花粉や有害な排気ガス、あるいは最近マスコミなどでもさかんに取りざたされているシックハウス症候群の原因部質など、体に有害なものがたくさん含まれています。
 鼻呼吸では、そのような体にとって有害な空気を良い空気にして体に取り入れていきます。
 しかし口呼吸ではそのような体にとって有害な物を含んだ空気が、口から喉を通り、肺に入ってきます。
 この時、喉にあるリンパ組織(一般的には扁桃腺と言われています)がダメージをうけます。
 このリンパ組織も細菌等からの防御をしていますが、限度を超えると慢性的な細菌感染状態となり体全体の免疫機能が狂ってき、そのために風邪をひきやすくなったり、喘息、アレルギー、アトピーなどをひきおこしてしまう可能性が高くなると言われています。
 唇が渇きやすいというのは口呼吸の一つの症状で、上唇小帯の付着位置が悪い場合、唇がまくれあがったりしやすいため唇が渇きやすくなることはありえます。
 しかし上唇小帯を切除したから口呼吸が治るとは思えません。
 また切除については貴方の仰るように積極的な先生と、消極的な先生がおられるのは確かなことですが、私見を述べさせていただきますと、5歳ぐらいまで、あるいは前の正面の歯が生えてくるまで様子を見られてからでも遅くはないと思います。
 以下に上唇小帯の付着異常と年齢における率を記しておきます
   1歳半:27.3%
   2歳  :14.2%
   2歳半:9.3%
   3歳  :6.4%
 これらのことがらから見ましても、年齢とともに解消されていくのがおわかりいただけるのではないかと思います。 
 それから舌小帯の異常のことですが、舌癒着症と言う言い方をされる先生方と、舌小帯短縮症と言われる先生方がおられ、前者の方々は小帯癒着していると空気が気道を通る時の抵抗が大きいため、より多くの空気を吸う必要上、口呼吸をする。
 と仰るようです。
 こういう考えの先生方は積極的に小帯を切る。
 ということがあるように感じます。
 しかし、現在は少なくとも4〜5歳頃まで様子を見るという考えの先生が主流ではないかと思います。
 丁寧に説明をして頂き、大変参考になりました。
 ありがとうございました。
 ご指摘の通りもうしばらく様子を見たいと思います。
 ただ、この春より幼稚園に入園する事になり、今まで以上に埃やウイルスにさらされる事になりますので、あまりにも鼻呼吸をしていないようなら耳鼻咽喉科に相談した方がいいでしょうね。
 本当にどうもありがとうございました。
CLINIC INFOMATION
上領歯科医院(健康保険取扱い)
〒553-0003 大阪市福島区福島7-19-13マトバビル3F[詳細マップ]
TEL.06-6458-2577(予約制) FAX.06-6458-2563 
診療時間
平日.AM9:00〜PM1:00 PM2:00〜PM7:00
土曜.AM9:00〜PM1:00
休診.日曜・祝祭日


Copyright (C) 2004-2006 KAMIRYO DENTAL CLINIC. All rights reserved.